上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シカ捕獲圧によって森林の様子には大きな違いが出てきます。
まず、シカ捕獲圧の低い地域の野の様子です

シカに荒らされた山裾のみかん畑です。
樹皮剥ぎで枯れたミカンや草などがシカの食害を受けています。

mame1.jpg


畑一面のウコンの新芽が刈払機で刈られたように食べられています。
人目に触れる場所でも人を恐れず食餌します。

mame2.jpg


次にシカ捕獲圧の高い地域での自然の姿です
シカの食餌の跡がなにも見られない健康に育っている耕作放棄地の草です。

mame3.jpg

農道脇では多くの草たちが育っています。

mame4.jpg

クヌギ林の伐採跡に萌芽しても林脇だけが薄くなっていますね。
シカたちは危険を察知すると
すぐに林内に逃げ込婿とができる林脇で食餌するのです。

mame5.jpg

シカは人が怖いので道路脇や人目に身をさらす場所ではあまり食餌をしません。
「人は自然との共生で生きられる」
そのためには、シカが安心して山で暮らせる環境を取り戻す必要があります。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suzukichuuji.blog83.fc2.com/tb.php/90-daddcc50
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。