上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
増えすぎてしまったシカを管理するために、管理捕獲が行われています。
しかし、理想的なシカ個体数はどのように算出されるのだろうかという疑問があります。

環境収容力(餌となる下層植生の年間生産量)に基づくシカの個体数管理実現のために
シカの目標密度に応じた下層植生の管理手法についての報告書を見つけました。
奈良県南部の大台ケ原は吉野熊野国立公園特別保護区の事例です。


環境収容力にもとづくシカの個体数管理と森林再生
(森林総合研究所 平成21 年版 研究成果選集)





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suzukichuuji.blog83.fc2.com/tb.php/7-d6ea9f95
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。