上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.18 夏の達磨山
今夏達磨山の姿です。
ミヤマクマザサの緑が一番濃い時期です。
白く見える部分がリョウブの花がを開いている姿です。
グレーの部分が枯れてしまったサラサドウダンやイヌツゲ、マメザクラなどです。
クマザサがこの姿を維持できるといいのですが近くで見るとシカの食餌の痕が見られます。

下書きしたまま体調不良となり投稿できず記事が季節外れとなりました。


P8085410.jpg

クマザサの緑が復活しています。冬にシカの餌不足が生じるとき持ちこたえるとよいですが…


P8085411.jpg

東尾根にもリョウブの花が相当咲いています。

P8085406.jpg

拡大してみると枯れ木が増えています。

P8085407.jpg


P8085408.jpg
残っている樹木を保護できるのも限界にきているようです。
他の場所で{単木保護}と{実生苗を育てる保護柵}を実験程度に施した結果も出ています。また、何も施さない場所の調査もしました。順次報告したいと思っています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suzukichuuji.blog83.fc2.com/tb.php/217-c7740b7c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。