上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一度人が手を付けた山の自然は次第に一人では健康に生きられなくなります。
最近、みなさん自然の恩恵を忘れてはいませんか?
山の自然が壊れるにつれて川や海の自然も壊れていきます。

私たち人間は健康な自然があって生きられます。
それは、皆さん誰もが分かっていることですが
つい忘れてしまったり、自然は自分で健康維持ができると思っていないでしょうか。

伊豆の山では大変なスピードで自然が壊れる現象が見られます。
このまま進むと、伊豆に住む私達は近いうちに生活維持ができなくなる恐れが予想されます。
35年間の狩猟経験と6年間の「伊豆地域シカ個体数調整」作業から
その前兆現象を少しずつお知らせしていきます。
早急に総合的な手立てをしなければと思います。

これは2009年7月16日の達磨山です。

daruma716.jpg

ここでのミヤマクマザサは夏の緑になりきっていません。
劣化しているところも見えますね。
樹木をみると枯れ木が多くみられます。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suzukichuuji.blog83.fc2.com/tb.php/15-1a978522
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。