上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日以下のようなコメントをいただきました。

  「西伊豆スカイラインや伊豆山稜線歩道を通ると、
   茎だけのクマザサや立ち枯れしたが目立ち気になります。」


よそから訪れた方にもはっきりとわかるほど、森林の劣化は進行しています。
この写真は健康なクマザサ原、本来の笹の状態です。

izu1_20100505160612.jpg

劣化が進むと笹原はこうなります。

izu2.jpg

冬場のシカ主食でこのように緑の葉が無くなります。

izu3_20100505160610.jpg

izu4_20100505160610.jpg

笹は葉が無くなり枯れていきます。
ドウダンツツジも樹皮剥ぎで枯れてしまいました。

izu5_20100505160609.jpg


伊豆の尾根ではこの状態が急速に進行しています。
対策は狩猟者のボランテイアによるシカの個体数削減だけです。
植物の枯死の進行にシカ捕獲が間に合いません。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suzukichuuji.blog83.fc2.com/tb.php/146-2f59bb2d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。