上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はよく雨が降りました。

伊豆の山では大島桜、山桜、マメ桜など多くの桜たちが
春を競うごとく一斉に咲き誇っています。
その素晴らしい自然が人とニホンジカによって失われようとしています。
その姿をご覧ください。

ushinau.jpg

これは伊豆市小土肥の山の風景です。
正面の白い山が大島桜の林です。

ushinau1.jpg

この時季の西天城(魂の山)です。
仁科峠から見た・・・(魂の山)の右向こうには達磨山も望めます。
手前の道路は県道西天城線です。
いろいろの色が四季を通じて楽しめます

ushinau2.jpg

近くで見るとこのような状態です。

kareta.jpg

一方、風早峠付近の荒涼とした風景を見てください。
伊豆山稜線歩道が見えます。

ushinau4.jpg

ミヤマクマザサがシカに食べられ笹原が消えようとしています。

ushinau5.jpg

ushinau6.jpg

こんな素晴らしい自然を失うことはできません。

自然は直接お金を生みませんが
人を始め地球上の生物がお互いに生きていく上でなくてはならないものです。
それを忘れつつある現象が伊豆の山では見られます。
昨今、生物多様性が叫ばれるようになりましたが
私たちは消えかっている伊豆の自然を何とかしなければいけません。



 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suzukichuuji.blog83.fc2.com/tb.php/134-e9dafaec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。